ダイエットの常識を覆す

メタボリックシンドロームという言葉が浸透し始めてから、肥満対策への関心が高まっています。
そもそもメタボリックシンドローム、通称メタボとは内臓脂肪の上昇によって血糖値や血圧に異常をきたした状態のことを示しています。
メタボが進行すると生活習慣病を引き起こします。
生活習慣病の原因は血液に大きく関係しています。
高血圧や糖尿病など、どれも血液中に血栓やコレステロールが蓄積することで発生するのです。
メタボかどうかを見極める基準の1つがウエストのサイズです。
男性なら85センチ、女性ならば90センチいい情の方は内臓脂肪がたまった危険な状態といえます。
内臓脂肪も脂肪の一種ですから、ダイエットによって減らすことが可能です。
一昔前まで、ダイエットといえば激しい運動や厳しい食事制限が当たり前にように思われていました。
もちろん、そうした方法も効果が無いわけではありません。
しかし最近では、もっと効果的で手軽に行えるメタボ対策も登場しているのです。
酸素カプセルという言葉を聞いたことがありませんか?
酸素は私たちの身体に不可欠な物質です。
何日か食事をしなくても生き延びられますが、酸素を1日でも吸わないでいるとたちまち私たちの身体は機能を停止してしまいます。
血液中に流れている酸素を上手に活用してメタボを解消、予防する。
これが、酸素カプセルの仕組みです。

また、酸素カプセルは今まで推進されてきた激しい運動や食事制限よりも簡単なうえに、それらに負けないような効果を持っています。
そこで今回は、酸素カプセルがメタボに効く理由について詳しく見ていきましょう。
 

激しい運動だけじゃない

脂肪を燃焼させるための方法として有名な有酸素運動。
しかし、それがどうして脂肪燃焼に効くのかきちんと理解していない方も多いことでしょう。
「運動すれば痩せるから」といった簡単な理由で終わらせてはいけないのです。
そもそも有酸素運動とは、動いている最中に呼吸をすることで酸素を大量に取り込むことが出来る運動のことを指します。
ランニングや水泳、サイクリングなどがその例です。
一方、筋力トレーニングのように激しい呼吸を行わない運動御ことを無酸素運動と呼ぶのです。
両者の違いは運動量ではなく取り込む酸素の量にあります。
激しい筋力トレーニングより適度なランニングの方が痩せやすい理由も、ここに眠っていたのです。
酸素の持つ働きの1つが、脂肪分解酵素であるリパーゼの活性化です。
体内にある脂肪はリパーゼによって分解され、エネルギーとして吸収されます。
リパーゼの働きが衰えると、私たちの身体には脂肪が蓄積されていくのです。
有酸素運動をするには、ある程度の時間と労力が不可欠です。
運動が苦手な方にとってはなかなか大変なことでしょう。
そんなときには、酸素カプセルで手軽に酸素を取り込むことをオススメします。
酸素カプセル内には、通常の酸素よりも体中に行き渡りやすい酸素が充満しているのです。
これを取り込むことで有酸素運動をしたときと同様の酸素を体内に補給出来ます。

方法は簡単で、酸素カプセル内で呼吸をするだけになります。
酸素が身体にもたらす効果を知っていれば、こうした方法の有用性も理解できるはずです。
有酸素運動が苦手な方は、是非酸素カプセルをご利用ください。
 

更新履歴


このページの先頭へ戻る